プラスチック消費を抑えることの価値

 

こんにちは。

 

 

最近、YouTubeとかInstagram

イルカとかウミガメの映像を観るのが

日課になっている大類直己です。

 

 

みなさん、海🏖は好きですか?

 

美しい景色を見るのはどうでしょうか?

 

その美しさを、永遠のものと思っていないだろうか?

 

 

その海が今、人間の出したゴミで埋め尽くされていることを

 

ご存知だろうか?

 

 

現在、ウミガメの半数以上が、

 

プラスチックなど、人間の出したゴミを摂取しているという事実を

 

ご存知だろうか?

 

 

プラスチックとはとても便利な物です。

 

完全に分解されるのに500年〜1000年かかると言われています。

 

それほど耐久性の高い物質を

 

ぼくたち人類は

 

「使い捨て」

 

というものに利用してしまっている現状です。

f:id:veganbodybuilding:20190409200214j:image

 

プラスチックはぼくたちが目にする、

 

ストロー、買い物袋、など

 

目に見える形だけで

 

海に存在するわけではありません。

 

「マイクロプラスチック」

 

という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

マイクロプラスチックとは

 

簡単にいうと

環境中に存在する微小なプラスチック粒子である。

 

一体それの何が悪いの?

.

.

.

.

それは先程記した、

完全に分解されるまで500年〜1000年かかるということです。

 

それは明らかに生物の寿命以上です。

 

それが生命にどう影響を与えるのか?

 

それは容易に、

 

「影響の良いものではないだろう」

 

と想定されます。

 

 

もちろんそれは、海洋生物のみならず、

 

その他す{人間を含む}すべての生物に、プラスチックの脅威がすでに迫っているということです。

 

しかし、プラスチックとはとても便利なものです。

500年〜1000年も分解されない素材。

そこには大きな可能性があるでしょう。

 

ただ唯一の過ちは、その便利で、頑丈な素材を、

 

使い捨ての為の素材に使った

 

ということでしょう。

 

 

 

 

では、人類は今後、どうすれば良いのか?

 

第一歩はどうすれば良いのか。

 

それは確実に、

 

使い捨てプラスチックの消費を、大幅に減少させる

 

ことです!

 

 

できることから一歩ずつやってみましょう。

 

新しくエコバッグやタンブラーを買う必要はありません。

 

家にあるバッグ、どこかでもらったタンブラー、マグカップ、そういったものを持ち歩くようにすることから、

 

ぼくたちのライフスタイルを変えていきましょう!

 

減量(ダイエット)に効果的な食品

 

 

こんにちは

 

ヴィーガン×ボディビルディング

の掛け合わせで現在トレーニングに明け暮れている大類直己です。

 

 

現在は夏頃のフィジーク大会に向けて、減量を行なっています。

 

ボディビルディングの減量となれば、

「筋肉を維持しながら、脂肪だけを落としていく」

という作業です。

 

そういった種類の減量であれば、しっかりと期間を設け、徐々に体重を落としていく必要があります。

 

体重を落とす作業には大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、食べる量を減らしていき、減量していく方法。

2つ目、食べる量はある程度維持したまま、運動量を増やしていき、消費カロリーを上げ減量していく方法です。

 

今回の減量、それも初期の段階では、主に2つ目の方法をとっています。

もちろん減量終盤の追い込みになれば、1つ目の方法もとっていくことにはなりますが、

なるべく、「たくさん運動たくさん食べて痩せる」を目標にしています。

 

 

それでもやはり爆食いはしませんし、

お腹空いたな〜と思う時もあります。

 

 

そんな時に食べると空腹を紛らわせる、空腹を感じないようにする、

 

 

「減量(ダイエット)に効果的な食品」

f:id:veganbodybuilding:20190325223358j:image

をいくつか紹介します!!!

※僕自身も栄養に関して勉強はしていますが、プロフェッショナルというわけではありません。根拠のあるものもありますし、メインとしては自身の体験を含めた話になりますので、参考までにお願いします。

 

 

 

1つ目は、グレープフルーツです。

f:id:veganbodybuilding:20190325223405j:image

僕の場合、朝、有酸素運動で30分ウォーキングに行った後に食べ、空腹を抑えた後、朝食を摂るように、しています。

実感として、グレープフルーツの前はミカンを食べていましたが、グレープフルーツに変えて以降、空腹感がマシになったように感じます。

 

 

2つ目は、チアシード&フラックスシード(亜麻仁の種)です。

f:id:veganbodybuilding:20190325223434j:image

一般的にオメガ3脂肪酸と言われるものが、満腹信号と大きく関わるようです。大きく空腹感が紛れる!という実感はありませんが、空腹時に豆乳にチアシードとフラックスシードを混ぜて飲むとそれで少し空腹を紛らわせることができます。

一般的に、魚油(フィッシュオイル)が良いとされていますが、僕はヴィーガンなので魚は摂りません、しかし減量中のフィッシュオイルが良いと言われる部分はチアシードとフラックスシードに同じく含まれています。

 

 

3つ目は、ダークチョコレートです。

f:id:veganbodybuilding:20190325230816j:image

僕はカカオ85%以上のチョコレートを間食に取り入れることで、

空腹感を抑えることが少しできています。

ただしチョコレートが美味しすぎて食べ過ぎてしまうケースもあると思うのでそこのバランスがうまく取れそうにない方は手元に置かない方が良いと思います。

ちなみにダークチョコレートのにおいを嗅ぐだけでも空腹感を紛らわせる効果もあるようです。

 

 

4つ目は、ビタミンDです。

f:id:veganbodybuilding:20190325223534j:image

こちらも満腹信号の働きに大きく作用し、空腹感を抑えることができるものです。

ビタミンDは太陽を浴びることで、体内生成もされますし、積極的に太陽の光を浴びる。あとはサプリメントも活用すれば良いと思います。

一般的に1日の必要摂取量が2000iuといわれています。

ボディビルやフィジークの選手であれば、5000iuほど摂るのが良いともいわれています。

空腹感が常にあるという方は一度ビタミンDサプリメントで5000iuほどを3〜4日摂取して、その後2000iuに落として様子をみるなどしても良いかなと思います。

やはりこのビタミンDを摂ってからの空腹感の抑えの利き方を考えると、1番効果的だったように思います。

 

 

これまで4つの自分でも効果を感じられた、

 

減量(ダイエット)のための食品

 

を紹介しました。

 

痩せたいのに痩せれない。

食べても食べても止まらない。など

 

の方、少しでもこの記事を参考に、試してみてください。

 

f:id:veganbodybuilding:20190325223730j:image

これらを試しながら、減量を行い約2ヶ月半で6kgの減量に成功しました。

これからもこういった食品を活用しながら、プラントベースの生活をしていこうと思います!

 

 

最後に、

今回の記事ではダイエットのことについて書きました。

 

しかし、ここで1つ伝えたいことは、

「ありたい自分である、ということを大切にしてほしい」

ということです。

 

「愛されるカラダ」

そんなものは外から見た、

そして誰かが決めた概念です。

 

そんなものよりも、

「自分の思う、自分の理想」

に向けて、

そこにダイエットというものが必要であるのならば、

その道を選択してください!

ということです。

 

愛はすでにそこにあります。

 

5つ目の減量の成功法は、「愛」かもしれないですね。

というキザな終わり方で終わろうと思います。笑

(食品じゃないやん!ってツッコミはなしでお願いします🤲)笑

 

 

 

では今日はここまで!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

 

また次の記事でお会いしましょう!!!

 

 

 

〈減量経過報告〉ヴィーガンボディビル

 

こんにちは!

 

大類直己です!

 

 

僕は現在、ヴィーガンのライフスタイルを送りながら、

 

ボディビルディングに挑戦し、日々

 

レーニング、栄養管理に努めています!

 

主に食生活やヴィーガンとしてのライフスタイルを発信し、

少しでもヴィーガンライフスタイルを送る、もしくは送りたいと考える人たちの生活がより豊かになればと思っています。

 

ヴィーガンって何?という方のために簡単に説明すると、

 

「動物の搾取を限りなくゼロになるように生活を送るライフスタイル」のことです。

食生活におけるヴィーガンライフスタイルとは、

「肉、魚、卵、乳製品を摂取しない」というものです。

もちろん生活における動物からの搾取というものも無くしていくライフスタイルです。

 

もっと詳しく知りたい方は「ヴィーガン」「Vegan」で検索してみて下さい。

一応WikipediaのURL載せておきますね(笑)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ヴィーガニズム

 

 

さてここからが本題!

 

現在、僕はフィジーク(ボディビルのようなもの)の大会に向けて、

 

減量中です!

 

 

減量の期間に入ったのが2019年の明けから

 

減量といっても最初の月は、増量中に爆食いしていたのを、普通くらいの量に戻して、身体を慣れさせるという作業です!

 

本格的に体重を落とし始めたのが

2019年の1月の末ごろからです。

当時の体重が86.5㎏(朝)

 

この記事を書いているのが、

2019年3月19日

今の体重が81.5㎏(朝)

 

この2ヶ月かからない間でおよそ5㎏の

減量に成功しました!

f:id:veganbodybuilding:20190319194508j:image

この写真は1/25〜3/18の約7週間の身体の変化です。

 

腹筋が少し見えてきて、

顔も “ほんの少しだけ” コケてきた

かなと思います。

 

この期間中にマレーシアに3週間行ってたんですが、

 

帰国後、「顔がコケてる!」とか「痩せたね」とかの声が届くようになってきました。

(小さくなったね。は禁句ですよ!笑)

 

 

ここまでもちろん、完全菜食でやってきているわけですが、

 

今のところ減量中でも体力らが落ちたり、トレーニングで扱う重量が極端に少なくなったりはしていません!

 

このまま、筋肉を維持しつつ、脂肪を削ぎ落としていければと思います!

 

 

じゃあ完全菜食「ヴィーガン」でどうやって筋肉を維持しながら減量しているの?

と疑問を持たれた方は、

 

[フル食]ヴィーガンボディビルディング 1日の食事

https://veganbodybuilding.hatenadiary.com/entry/2019/03/09/072423

こちらをご覧ください。

 

 

ここから先、さらに減量を進め、自分史上最高の身体を菜食で手に入れ、

 

来たるフィジークコンペに向けてさらに努力していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

最後に、

 

僕は純粋に筋トレ、ボディビルディングというものを日々楽しくやっていて、

少しでもカッコいい身体というものを目指しています!

 

それでもやはり、そこを目指す根本は、

精神の成長であったり、心の静けさであったり、そういったものを捉えるための手段だと思っています。

 

そして、ヴィーガンという文化の普及に少しでも尽力することができれば、と

ヴィーガン×ボディビルディング

という選択を僕はしています。

 

己の非力さに嘆くことも、不条理に落胆することも簡単です。何もかも足りないと思うこともできます。

それでも、何かを変えたいと思った時、それは満ち足りた行動すべき最高のタイミングなのかもしれません。


道は決して1つではなく、他の誰かが通ったように見える道も、僕ら一人ひとりの道であり、そこに足跡を残すことに喜びを感じ生きることができるのだと僕は信じています。

 

 

 

いつもサポートありがとうございます。

今回はここまで!

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!

僕がヴィーガンになった理由を質問された時の答え方

こんにちは

 

大類直己です。

 

僕は現在、ヴィーガンのライフスタイルを送りながら、

 

ボディビルディングに挑戦し、日々

 

レーニング、栄養管理に努めています!

 

主に食生活やヴィーガンとしてのライフスタイルを発信し、

少しでもヴィーガンライフスタイルを送る、もしくは送りたいと考える人たちの生活がより豊かになればと思っています。

 

ヴィーガンって何?という方のために簡単に説明すると、

 

「動物の搾取を限りなくゼロになるように生活を送るライフスタイル」のことです。

食生活におけるヴィーガンライフスタイルとは、

「肉、魚、卵、乳製品を摂取しない」というものです。

もちろん生活における動物からの搾取というものも無くしていくライフスタイルです。

 

もっと詳しく知りたい方は「ヴィーガン」「Vegan」で検索してみて下さい。

一応WikipediaのURL載せておきますね(笑)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ヴィーガニズム

 

 

さてここからが本題!

 

 

なぜ僕が[ヴィーガン]というライフスタイルを

 

選択するに至ったのか!?

f:id:veganbodybuilding:20190316222332j:image

改めてこのブログを書くことでより深掘りし、

自分の深層心理なども探れたらと思い、記事を書くことを決めました。

 

 

正直、ヴィーガンって何?から会話を始めないといけないことが多い日本社会で、
ヴィーガンの話を奥深くまで話すには、ヴィーガン文化の根づく他国(イギリス、ドイツ、イスラエルなど)に比べ、時間のかかる作業になることでしょう。
「あゝまたこの質問か」とみなさんも思うことが多少あることでしょう。

 

 

 

「なんでヴィーガンになったの?」

 

そう聞かれると、

 

「体調崩した時期があって、お肉とかやめてみようと思ったのがきっかけです」

 

と答えることが、ヴィーガンになった当初は多かったです。

(ほぼほぼそう答えていました)

 

それは何故か。それは、その返答が1番《楽》だったからです。

 

 

でもその返答を何度もしながら、

僕自身の中である種の“違和感”を感じていました。

 

 

では、

 

僕がヴィーガンになった理由は何なんだろうか。

「なんでヴィーガンになったの?」の最善の返答は何なんだろうか。

 

ここから先、皆さんと一緒に、

少しだけ過去に遡り、分析していけたらと思います。

 

僕がヴィーガンでなかった時代、

僕の中で思いつくいくつかのヴィーガンとの接点は

  1. 学生時代に仲良くなった留学生の女性がベジタリアンだった
  2. アメリカに留学した際、授業で屠殺映像を観た
  3. 筋トレをきっかけに健康、栄養に興味を持ち、食の安全性を調べて行く中で、肉のできる過程の映像を手当り次第見るようになった

 

その後、イギリスへと渡り、仕事漬けの毎日を過ごした後、

体調を崩し、ヴィーガンになった。

 

というのが思いつく要素です。

 

3の段階ではもうある程度、

動物を食べるということ、畜産というものへの嫌気というものが芽生えていたように思います。

 

そこから約4ヶ月

 

その嫌気を抱えながらも肉を食べ、畜産というビジネスに加担していたと思うと、

 

決断の遅さに今更ながら反省しています。

 

「肉をやめよう」その決断が己の健康第一での考えからくるものであったことには

少し恥ずかしさを覚えます。

 

ではやはり、「なんでヴィーガンになったの?」

の返答は「健康のため」なんじゃねーの⁉︎お前の場合!!

となるのか。

 

動物を食べたくなくなった
という理由も、ヴィーガンになった当初からあった気持ちでした。

だから、健康のためだけとは言いたくない自分も…

でも他者の存在のためと言うことへのむず痒しさも…

 

↑こういうのを我執というんでしょうね(笑)分かってます。書きながら思いました。

こんなのどうでもよくね⁉︎細かすぎねえ⁉︎って(笑)誰にどう思われようが◯◯…でしょ!って。。。

 

 

そんなヴィーガンのライフスタイルを続けていく中で、

徐々にヴィーガンについての知識も、
ヴィーガンでない人と、ヴィーガンをテーマに話をする方法も、
少しずつわかってきた時、
やはりこの返答は最善でもなければ、最良でもなかったと思います。

 

 

 

僕の違和感というものは、

 

相手が知りたい水準、レベルを無視して、

 

当たり障りのない理由

 

を答えていたから、自分の中に違和感があったのだと思います。

結論、誠実さがなかったのだと思います。

 

 

 

「なんでヴィーガンになったの?」この質問の中にも、

 

興味本位で質問している、

真剣に僕のことを知りたいと思って質問している、

 

同じ言葉でも必ずニュアンスは変わってきます。

 

それならばそのニュアンスは必ずすくい取って、

 

相手がどこの水準までの知識を僕から得ようとしているのか

 

それを理解した上で相手にその水準の想いを伝えていくことが

 

誠実だし、

僕の生きる上での、ありたい自分であるように思います

 

その誠実さが、

「なぜヴィーガンを続けているのか」

「地球に及ぶメリット」「今後のビジョン」など、

を語れる仲間を増やす最良の手段だと思います。

 

 

なので「なんでヴィーガンになったの?」の返答の種類は何通りもあって、

 

質問してきた相手がどこまでの水準でその情報を欲しているかを理解した上で、

 

返答する。

 

が、最善で最良なのではないかと結論に至りました。

 

記事の始めの方に書きました

《正直、ヴィーガンって何?から会話を始めないといけないことが多い日本社会で、ヴィーガンの話を奥深くまで話すには、ヴィーガン文化の根づく他国(イギリス、ドイツ、イスラエルなど)に比べ、時間のかかる作業になることでしょう。「あゝまたこの質問か」とみなさんも思うことが多少あることでしょう。》と。

 

それでも一つ一つの質問を、

時にはジョークを交えながら、

ユーモラスに社会風刺の効いた、少しスパイシーで、

誠実で、丁寧に返答することも、

ヴィーガンムーブメントの立て役に繋がるのではないか

 

と最近思うようになりました!

 

 

 

 

 

本日の記事はここまで!

 

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます!

 

 

ぜひブログを書くモチベーションになるので、

コメントいただけると嬉しいです!

 

 

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!!!

5ヶ月ぶりにコーヒーを飲んだら起こった身体の変化

 

こんにちは

 

今日の記事は

「5ヶ月以上ぶりにコーヒーを飲んだら起こった身体の変化」です!

 

f:id:veganbodybuilding:20190314112852j:image

 

  • なぜ5ヶ月もコーヒーをやめていたのか

僕はコーヒーはもともと大好きで、朝から自分で豆を挽いて淹れるくらいでした。毎日筋トレをする1時間前くらいに飲み、カフェインで集中力を高める意味でも使っていました!

ただし、それをすると筋トレが終わると、その後に何もやる気が起こらない。寝る時間が少し遅くなり翌日に疲れが残り、筋トレの質が落ちるという悪循環が起こりました。

なので1度、コーヒーをやめてみることにしました。

 

  • コーヒーをやめて起こった変化

ではコーヒーをやめてどうだったか、

巷で言われるカフェイン中毒、飲まなくなると「コーヒー飲みてーーー!!!」みたいな症状は出たのか。

結論から言うと、まったくなかったです!

ではカフェインを摂取しなくなってトレーニングの質はどうなったのか、集中力はどうなったのか。

結論から言うと、変化はなかったです。

むしろ集中力は増したようにも思います。

※あくまでも個人的見解ではありますが、

カフェインの捉え方としては、身体にあるエネルギーを「増やす」のではなく、エネルギーを「前借り」するようなイメージがあり、身体もそのように反応していたので、やめてみました。

すると持続可能なエネルギーの使い方ができる身体になってきたように感じました。

 

  • 5ヶ月ぶりにコーヒーを飲んで起こった身体の変化

ここからが本題です。

コーヒーを飲んだタイミングとしては、その日の筋トレが終わった後に読書をしている時に飲みました。5ヶ月ぶりにコーヒーを飲んでみて、起こった変化、1つ目は「頭がとても冴えた」という単純なものです!

が、その効果が5ヶ月もコーヒーを飲まないことで明らかに感じられました。

2つ目は「便の調子が良くなった」です。少し柔らかめの時が多い僕ですが、翌朝の便の具合がいつもより固めでした。コーヒーには整腸作用もあると言われており、その効果も実感することができました。

 

  • 今後コーヒーは飲む?飲まない?

結論からいうと今後コーヒーを飲みます!

ただし、毎日飲むのではなく、週に2.3日を目安に飲もうと思います。

 

それもトレーニング前のエレルギーの前借りの為ではなく、

リラックス効果や整腸作用のために飲むという違った目的での摂取になると思います!

 

コーヒーにはメリット、デメリットがありますし、過剰摂取は確実に身体に悪いと思います。

 

その点を踏まえ、用法容量を守って正しくコーヒーの飲んでいきたいと思います!

 

またコーヒーのある生活に戻ることになりますが、とても楽しみです!

 

また後日談もご報告できたらと思います!

 

 

本日の記事はここまで

 

最後まで読んでくださりありがとうございました😊

 

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!

100Kgオーバーだった僕が[−40Kg]のダイエット成功の中で健康的かつ効果的だった方法!

こんにちは!!!

 

大類直己です!

 

 

まだまだ寒いですね😵

 

 

 

さっそく本題ですが、

 

 

本日のテーマは

 

 

「100Kgオーバーだった僕が40Kg以上のダイエットに成功した話」

 

 

をお話ししたいと思います!

 

 

まず僕のバックグラウンドを少し紹介しようと思います!

 

 

僕はもともと小さい頃から

 

体質的になのか、太りやすく、

 

10代後半の頃は、MAX体重が

 

なんと、

 

 

114Kg❗️

 

 

現在の体重が82Kg

 

そして実は74Kgまでは減量したことがあるので、

 

最大減量幅は40キロの減量です❗️

f:id:veganbodybuilding:20190313075024j:image

(左)114Kg当時 約7年前

(右)2018/9

 

 

今まで様々なダイエットを試してきました。

 

 

その中で、やはり1番簡単に体重の操作ができるのが

 

僕にとっては

 

 

ヴィーガンダイエット(プラントベースダイエット)🌱」

f:id:veganbodybuilding:20190313110806j:image

                   プラス+ 適切な運動🏃‍♂️

でした。

上記写真は一例ですが、

 

玄米と豆の炊き込みご飯

その上にアボカド、オクラ、サツマイモ、ブロッコリー、ナス、ミョウガなど好きな野菜をのせた

 

ブッダボール」

 

という料理です。

 

 

 

 

ヴィーガンダイエット(プラントベースダイエット)とは

 

植物性の食品のみで栄養をカバーしながら

生活をするスタイルのダイエット法です。

 

なので「肉、魚、卵、乳製品」は一切食べません。

 

それ以外は

 

「極端に食べる量を減らす」

「〇〇だけ食べるダイエット」

などはせずに、

 

ある程度しっかりと食べながら

 

体重を落とすことができる

 

ダイエット法だと僕は思っています。

 

 

 

「ダイエット」のことだけに関していえば、

 

人それぞれの合う合わないはあると思うので、

 

 

「このダイエットが万人に受ける!」

 

 

とは公言しませんし、

 

 

 

今後も「適切な運動」ありきでの話をしたいとも思っています。

 

 

 

・体重を落としたい!

・少しでも自分の思う身体に近づきたい!

・運動しているけど体重が減らない!

ホエイプロテイン飲んでいるけど、飲んだらお腹こわす! 

                                                  など

 

という方、

 

ぜひ、

 

ヴィーガンダイエット」

「プラントベースダイエット」

 

 

を一度、選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

「挑戦してみたいけどどうすれば良いの?」

という方は

 

前回の記事

[フル食]ヴィーガン ボディビルディング1日の食事

https://veganbodybuilding.hatenadiary.com/entry/2019/03/09/072423

をご覧になり、参考にしていただくか、

 

 

コメント欄や僕のツイッター、インスタグラム、YouTubeからでも質問してください。

https://www.instagram.com/naoki_vegan_fit

http://twitter.com/US58e0

https://youtu.be/SUbnhJuCtqU

 

個別でもお答えしますので、遠慮なくご連絡ください😊

 

 

 

 

 

 

 

本日の記事はここまで!

 

最後までご覧くださりありがとうございます!

 

 

 

ぜひブログを書くモチベーションになるので、

コメントとかくれると嬉しいです!

 

 

 

 


では次回の記事でお会いしましょう!

 

[フル食]ヴィーガンボディビルディング 1日の食事

こんにちは!!!


大類直己です



 


本日のテーマは

 

ヴィーガンボディビルディング1日の食事(フル食)」

 

f:id:veganbodybuilding:20190309073618j:image

 

です!!!

 

 

ヴィーガンってどんな食事してるの?」


ヴィーガンで筋肉って付けられるの?」


ヴィーガンで筋肉はどうやって付けられるの?」

 

 

という疑問を

 

このブログを読んで


少しでも鮮明になれば幸いです!

 


(5:15 a.m.)起床
1食目

f:id:veganbodybuilding:20190308190513j:image
1食目はみかん


3月に入ってからは朝起床して
有酸素運動として30分〜40分程度の散歩しています!

その前に、水を一杯、柑橘系である

みかんを1つ食べて

家を出ます!!!

 

 


(6:00a.m.)
2食目


2食目は豆乳オートミール・フルーツボールです!

この写真は増量中のたくさん食べていた時のものですが、

内容はこんな感じです!

ここにナッツ類、チアシードなどものせて一緒に食べると美味しいですよ!


オートミールには100gあたり12.5gほどのタンパク質が入っています

そこに豆乳をかけて食べることで20g以上のタンパク質を一食で摂取することができます!!!

 

 


(9:00a.m.)
3食目

f:id:veganbodybuilding:20190308190807j:image
3食目はテンペです!

テンペは東南アジアで食べられている
大豆の発酵食品です

テンペはタンパク質保有率が高く、

納豆と違いネバネバもなく、においもほぼもないので

持ち歩きが、カンタンです!


これをタッパーに入れて職場に行きます!

f:id:veganbodybuilding:20190308190812j:image
こんな感じ(笑)

(12:00p.m.)

 

 


4食目

f:id:veganbodybuilding:20190309072346j:image
4食目はまたまたテンペ、と豆の炊き込みご飯です!


4食目は炭水化物を少し多めに摂るために玄米と豆の炊き込みご飯をテンペと一緒に食べます!


(3:00p.m.)
5食目は3食目と同じ

(6:00p.m.)
6食目は4食目と同じ

 

 

(9:00p.m.)

7食目

f:id:veganbodybuilding:20190308190939j:image
7食目はひよこ豆とレッドビーントマトスープです!

 

タンパク質は1日基本145〜160グラムくらいを目標に摂取しています。


プロテインパウダーなどは使わず、
すべて食事から補うように心がけています!


筋トレの時間の変化など

生活のリズムで少し食べる量やタイミングが変わることはありますが、


基本的にはこのような食事を繰り返しています!

 

こんな感じの食生活にプラスして

筋トレを頑張れば、


ヴィーガンでも筋肉は確実につけることができます!!!

f:id:veganbodybuilding:20190308190957j:image

左)ヴィーガン をはじめて2ヶ月目
右)ヴィーガン をはじめて8ヶ月目

の写真です。

 


自分の身体を実験的に使っている僕として言えることは、


明らかに植物性食品だけでも筋肉は大きくなります!


ということです。


ぜひぜひ、植物性食品

プラントベースの食事にも視野を広げ、

食の可能性を広げてみてください!!

 

 

 


本日のブログはここまでです!

 

最後までご覧くださりありがとうございます!


ではまた次の記事でお会いしましょう!